妊娠線が真ん中にできた?!妊娠するとお腹の中央に出てくる線の正体とは

妊娠するとお腹の真ん中に浮き出てくる線。この線を妊娠線だと思っている方は多いようですが、実はこの線は妊娠線ではありません。真ん中に出てくる線の正体、妊娠線との違いを詳しく見ていきましょう。この真ん中の線、出産後は無事に消えるのかどうかも気になるところですよね。

真ん中にできる妊娠線?!

真ん中にできる妊娠線?!

妊娠すると真ん中に出てくる線は妊娠線ではない

妊娠すると、さまざまな体の変化がありますよね。そんな中でも、お腹が大きくなるにつれて、お腹の真ん中に線が浮き上がってきたことに気が付いた方も多いのではないでしょうか。

妊娠している時にできる線 = 妊娠線 

と思いがちですが、実はこの真ん中の線は妊娠線ではありません。これは「正中線」と呼ばれるもので、すべての人にあるものなのです。

妊娠すると、女性ホルモンが普段よりも多く分泌され、メラニン色素も生成されやすくなります。妊娠中、普段よりもシミやそばかすが濃くなったり、黒ずみができたりしていませんか?

これは妊娠による女性ホルモンの分泌のせいなんです。

正中線も、普段は薄くて目で見ることはできませんが、女性ホルモンの分泌が盛んになると、だんだんとこの正中線色が濃くなってきます。

真ん中の線は正中線

真ん中の線は正中線

この真ん中にある正中線は、出産後にホルモンバランスが元に戻ってくるとだんだんと消えていきます。数ヶ月から1年ほどでなくなっていくことがほとんどです。

授乳を終えた1年後にはもうきれいになくなっていました。

妊娠中の真ん中の線(正中線)が気になる場合にできること

妊娠中の真ん中の線(正中線)が気になる場合にできること

妊娠中の真ん中の線(正中線)が気になる場合にできること

正中線の濃さや太さは人それぞれですが、この線が気になってしまうこともありますよね。特に、妊娠線は毛深くなってしまうこともあるので、余計にこの線が目立ってしまうということもあります。

マタニティフォトを撮影したり、水着を着たりなど、お腹を出す機会がある場合は、この線が気になってしまいますよね。妊娠中でもきれいでいたいと思う気持ちは女性なら必ずあります。

この正中線はメラニン色素が生成されているのが原因ですので、メラニンの生成を抑える化粧品、美白コスメなどを使うのが効果的です。

美白コスメなどを使うことで、多少はこのメラニンの生成を抑えることができますが、すべてきれいに消すということは難しいでしょう。

メラニンの生成を抑える美白コスメは、保湿力が足りなかったり、肌への刺激が強いものがあります。妊娠中の肌は特に乾燥しやすく、デリケートになっているので、刺激の低いものを選ぶと良いでしょう。

妊娠中の肌をケアをするクリームやコスメはいろいろありますが、妊娠中の正中線をケアするクリームも販売されています。

妊娠中の肌のメラニン生成を抑え、正中線や黒ずみなどをケアするクリームとしてメディアでも取り上げられている「メイドバイマム」というクリーム、おしゃれママたちの間でも注目されているので、正中線の濃さや太さが気になる場合は使ってみても良いかもしれませんね。

妊娠中の正中線対策!メイドバイマムクリームを見てみる

正中線と妊娠線の違い

このお腹の真ん中に出てくる「正中線」はどのように違うのでしょうか?

正中線 - 誰にでもあるもので、妊娠中にメラニンが生成されやすくなるため出てくる。産後、ホルモンバランスが元に戻ってくるとだんだんと消えてくる。

妊娠線 - 体型の急激な変化に皮膚の皮下組織が伸びきれず、断裂を起こしてしまもの。真皮に傷がついているため、産後消えることはない

正中線は、産後にだんだんと薄くなり、やがて消えていきますが、妊娠線は一度できてしまうと消えることはありません

妊娠線は皮下組織の断裂なので、傷です。妊娠線はできてすぐの時は赤や赤紫のような内出血をしたような色ですが、だんだんと色が抜け、白銀色になっていきます。

色が抜けていっても、肌のデコボコした感じや見た目の傷跡は消えることがありません。やがて消えていく正中線よりも深刻ですよね。

妊娠線はできる前に、しっかりと予防することが大切です。

急激な体重増加や、肌の乾燥を避け、お腹が急激に大きくなっても、その伸びに耐えられるほど柔軟性を持った肌を育てておくことが大切です。

できてしまうときはできてしまうのが妊娠線ですが、なるべく妊娠線ができないようにケアをすることはとても大事です。

妊娠線の予防には保湿が大切!