妊娠線や肉割れはセルライトとどう違う?あなあたにあるのは妊娠線?それともセルライト?

妊娠線とセルライトはどう違うのでしょうか?妊娠線予防クリームにも、セルライトにも対応したクリームも出ていますよね。

でも妊娠線もセルライトも全く別のものです。

妊娠線とセルライトについて消し方など詳しく見ていきましょう。

妊娠線・肉割れをおさらい

妊娠線や肉割れは、急激な体型の変化で皮膚が収縮した時に、その伸びについていけなくなって真皮が断裂を起こしてしまったものです。

表面の皮膚は柔軟性がありますが、その一枚下の真皮は表皮程の柔軟性を持っていないので、急激に皮膚が伸びた時にピリッと亀裂が走ってしまいます。

これが妊娠線や肉割れと呼ばれるものです。

妊娠線や肉割れはできたての頃は内出血をしたように赤くなりますが、だんだんと白銀色に変わっていきます。

でき始めの妊娠線できてしばらく経つ妊娠線

肌の表面は、真皮が断裂しているので多少デコボコしていますが、表皮に傷はついていないので時間が経つとだんだんと目立たなくなっていきます。

妊娠線ができやすいのは、体重増加や妊娠時に皮膚が伸びやすいところです。

例えば、お腹、腰回り、お尻、太もも、ふくらはぎ、胸、二の腕などが挙げられます。

妊娠線・肉割れは消すことができる?

妊娠線・肉割れは消すことができる?

妊娠線・肉割れは消すことができる?

妊娠線・肉割れは残念ながら全くなかったことのように消すことは難しいと言われています。

それでも、きちんと保湿などのケアをして肌の代謝を高めていれば、どんどん薄くすることはでき、最終的には見えないほどにすることは可能です。

真皮の断裂は、一度起きてしまうと元のように戻すことができません。

ですが、努力次第では限りなく薄くしていくことが可能です。

セルライトと妊娠線・肉割れはここが違う

そしてセルライトとは細胞が肥大化して肌がデコボコしたものです。

妊娠線や肉割れと違い、肌が傷ついたものではなく、体内の水分や老廃物を細胞がため込んでしまい、コラーゲンとくっつてできたものです。

太ももやお尻の肉を寄せ集めると肌がデコボコしたりしますよね。それがセルライトです。

セルライト

セルライト

セルライトはいろいろな原因でできますが、主には血行不良や冷え、ホルモンバラスの乱れなどになります。

セルライトがどんどんできていくと、さらなる血行不良やむくみなどを引き起こし、冷えの原因にもなってしまいます。

食事制限やダイエットではセルライトは消すことはできません。

ダイエットをしていても太ももやお尻が痩せにくい、と感じたら、それはセルライトが原因かもしれません。

セルライトは消える?!セルライトを消す方法

セルライトは消える?

セルライトは消える?

セルライトは傷ではないので、なくしていくことができます。

それには、血行を良くしてマッサージをすることが大切。

同時に食生活も、脂質を摂り過ぎないようにするなど、脂肪が使いないように努力することも大切になってきます。

マッサージは入浴中か入浴後に行うのが効果的なので、お風呂から出たら保湿クリームやオイルをつけながらセルライトができている場所をマッサージするようにしましょう。

そして、適度な運動も心がけるようにしましょう。

セルライトは、ケアせずにそのままにしていると年齢とともにどんどん肥大化していってしまいます。

大きくなったセルライトは解消していくのも大変です。

日頃から脂肪がつかないような生活、血流を良くしてマッサージなどのケアをしていくことがセルライト解消につながっていきます。

妊娠線予防クリーム 目的別おすすめランキング