妊娠線予防クリーム総合ランキング – 迷っているならおすすめはこれ!

妊娠線予防クリーム総合ランキング

妊娠線予防クリーム総合ランキング

妊娠線予防クリームを選ぶなら、一番良いものを選びたいですよね。コストパフォーマンスに優れているものや、美容成分たっぷりと入ったものなど、種類はたくさんあります。

その中でも、私も実際に使ってみて感じたおすすめポイントも含め、成分的にもコスパ的にもおすすめの妊娠線予防クリームをランキングでご紹介します。

ベルタ
マザークリーム
価格: 初回500円
送料: 無料
内容量: 120g
主な成分: シラノール誘導体、コエンザイムQ10、葉酸、へスぺリジン、アミノ酸・ビタミン5種類など

  • 妊娠線予防に効果があるとされるシラノール誘導体配合
  • 初月500円から始められる
  • 3種の美容成分、オーガニック原料配合、無添加処方

美容成分3種やオーガニック原料、妊娠線予防のシラノール誘導体配合

第1位はベルタのマザークリームです。最大のポイントは、妊娠線の予防に効果があると海外で実証されているシラノール誘導体という成分が配合されていること。

シラノール誘導体はコラーゲンの結びつきを補強する働きをする役割があるとされています。妊娠線の原因は真皮の皮膚の断裂です。この真皮はコラーゲンで形成されているため、断裂を防ぐには柔軟性のある強いコラーゲンをもった真皮を保つことが大切です。

ベルタのマザークリームにはそのシラノール誘導体が配合、その他にスーパーヒアルロン酸などの美容成分、オーガニック原料も配合、とても贅沢な成分配合になっています。

とにかく妊娠線をケアするなら最上級が欲しいという方に1番おすすめのクリームです。

マタニティクリーム
価格: 2,800円
送料: 無料
内容量: 120g
主な成分: 葉酸、ネロリのアロマ、ヒマワリ種子油、コメ胚芽油、ヒアルロン酸など

  • 送料も無料、高いコストパフォーマンス
  • 単品購入OK!回数の縛りなし
  • 葉酸やへスぺリジンが配合、3種の無添加(香料、着色料、鉱物油)

続けやすいコストパフォーマンス、徹底した品質管理

AFCのマタニティクリームは成分とコストパフォーマンスのバランスも非常に良く、医薬品製造に準拠した国内工場で徹底した品質管理のもと製造されています。女性100人の声から生まれ、日本予防医学研究所が実際に研究開発して商品化されました。

香りもさっぱりとした控えめのネロリ。めぐりを良くする「へスぺリジン」や「葉酸」など、乾燥しがちな妊娠中の肌を健やかに保つ成分が入っています。

しっかり保湿、めぐりも良くなる成分配合、コストパフォーマンス重視の方にはおすすめのクリームです。

ノコア
アフターボディ トリートメントクリーム
価格: 12,460円 (2本セット)
送料: 無料
内容量: 150g
主な成分: ビタミンC誘導体、フラーレン、EGF・FGF様成分、ポリグルタミン酸、アルガンオイルなど

  • できてしまった妊娠線をアフターケアできる
  • 従来の200倍の浸透力!ビタミンC誘導体配合で保湿&コラーゲン生成促進
  • 注目の美容成分、肌を滑らかにするFGFが配合

できてしまった肉割れ・妊娠線をケアできるクリーム

ノコア アフターボディートリートメントクリームは、できてしまった妊娠線や肉割れをケアできるクリームとして人気があります。

でこぼこになった肌を滑らかにする注目の成分FGFが配合されているのが最大のポイントです。口コミでも、できてしまった妊娠線が薄くなった、という声が多くあります。

また、従来の200倍の浸透力を持つビタミンC誘導体が配合。保湿しながらコラーゲンの生成を促進し、メラニン色素の抑制や分解を促します。また、引き締め効果も期待できるので、産後のアフターケアクリームとしてはぴったりです。

妊娠線予防はいつからするのがベスト?

妊娠線はお腹が大きくなったり、急激に体重が増加すると皮膚がその成長についていけず、断裂を起こしてしまうというものです。

妊娠線予防はいつからするのがベスト?

妊娠線予防はいつからするのがベスト?

この妊娠線はいつから予防を始めるのが正しいのでしょうか。それは「妊娠がわかったらすぐ」です。お腹が大きくならないと、妊娠線ができるかもしれないという実感がわかないかもしれませんが、ケアは早ければ早いほうが良いんです。

妊娠線は肌の内側の層、表皮ではなく真皮層にできる傷です。妊娠線予防で大切なのは、この真皮層の肌を強く、伸びに耐えられるような弾力を作ること。そのためには普段からのケアが大切です。

しっかりと保湿をすることで柔軟な肌を保つことができます。この柔軟な肌は1日や2日でできるものではありません。

特に肌が乾燥しやすい人や多胎妊娠、ぽっちゃり気味の方、体の小さい方、家族に妊娠線ができた人がいる方などは、妊娠線ができる可能性が高いです。

妊娠がわかったら、早めにケアを始めるのが良いでしょう。

妊娠線予防クリームにオイルをプラスする方法もあり

オイルをプラスする方法もあり

オイルをプラスする方法もあり

妊娠線予防にはクリームタイプとオイルタイプの2種類があります。クリームタイプのほうが人気もあり、ポピュラーですが、肌の乾燥が激しい方や、妊娠後期にお腹が大きくなり、塗る範囲も増えてきたらオイルと併用しても良いですよ。

オイルは単体で使うとべたついたり、服についてしまったりして、使い心地が好きになれない方もいるでしょう。

でも、オイルはクリームの前に塗ると、クリームの吸収を助けるブースターとしての役割をします。最後にはクリームで肌の表面に蓋をするような感じになるので、最終的にべたついたり服についてしまったり、ということも少なくなります。

妊娠線予防として販売されているオイルは、ほとんどが100%天然のものです。クリームは使い心地が良い分、乳化剤などが入っていますが、オイルの場合はナチュラルオイル100%で作られているものがほとんどです。

肌なじみも良いものが多く、クリーム伸びも良くなるので、妊娠後期に塗る範囲が広くなってきたときに1本あると重宝します。

オイルなので保湿力もしっかりあります。

しっかり妊娠線予防対策をしたい方は、ぜひオイルも併用してみてくださいね。

妊娠線ケアクリームはいつ塗るのがベスト?

妊娠線予防のために塗るクリーム、いつ塗るのがベストなのでしょうか?朝起きたとき、それとも夜寝る前?塗るのであれば、一番効果があるときに塗りたいですよね。

妊娠線クリームはいつ塗る?

妊娠線クリームはいつ塗る?

妊娠線予防のためにクリームを塗るとき、一番おすすめなのは「お風呂上り・シャワーの後」です。

お風呂上り・シャワーの後は肌も清潔になっていて、体も温まっているのでクリームの浸透力がぐんとアップしています。妊娠線クリームを「いつ塗る?」と迷っていたら、まずはお風呂上り・シャワーの後を最優先してくださいね。

そして、一日の始まり、「朝」です。お風呂上りの夜だけでは足りません。最低1日1回、朝と夜にケアをするようにしましょう。顔のスキンケアと一緒ですね。

肌が清潔になっているお風呂上り・シャワーの後
1日の始まりの朝

この2回は基本です。

妊娠初期からこのケアを心がけてみてくださいね。

妊娠中期・妊娠後期からはだんだんとお腹のふくらみが目立ってきます。つわりもおさまってくると、食欲も出てきて急激に体重が増加してしまう可能性もあります。こんな時、妊娠線には要注意です。

お腹のふくらみが目立ってきたら、1日2回のケアから3回、4回と増やしていくのがおすすめです。

特に妊娠後期の妊娠8ヶ月頃からはお腹が「ぐん」と大きくなります。朝起きると、「あれ?昨日より大きい気がする」なんて感じることも。

実はこの時期から臨月にかけて妊娠線ができてしまったという妊婦さんが多くいます。お腹の重みもあり、肌に負担もかかるときなので、この頃からは特に妊娠線には気を付けてください。

クリームにプラスしてオイルを併用したり、クリームを塗る回数を増やしたりと、肌が乾燥して固くならないように気を付けてくださいね。中には、トイレに妊娠線ケアクリームを置いておいて、トイレに行くたびに塗っていた、という妊婦さんもいます。

それほど妊娠線のできやすい時期です。基本は1日2回、妊娠中期・後期からは3回、4回、と増やしていき、乾燥やかゆみを感じたら要注意のサインなので、こまめに保湿するようにしてくださいね。

妊娠線はできてしまってもケアし続けよう

妊娠初期から丁寧に保湿をして妊娠線予防のケアをしていても、妊娠線はできてしまうときはできてしまいます。

妊娠線はできてもケアしよう!

妊娠線はできてもケアしよう!

せっかくケアしていたのに妊娠線ができてしまうと、がっかりしてしまいますが、引き続きケアは続けていきましょう。

妊娠線ができたということは、まだできてしまう可能性があります。これ以上作らないためにも、できた妊娠線のケアのためにも、引き続き保湿は必要です。

妊娠線は一度できてしまうと、なかったことのように完全に消すのは難しいですが、努力次第で薄くしていくことはできます。

保湿して肌のターンオーバーを促すことで、肌の再生能力がアップします。妊娠線ができてしまうと、残念な気持ちになってしまいますが、クリームやオイルでのケアは続けていってくださいね。

妊娠線ケアクリームは予防だけでなく産後も活用

妊娠線予防のクリームやオイルは妊娠中だけでなく、産後ももちろん使うことができます。

妊娠線ケアクリームは産後も活用!

妊娠線ケアクリームは産後も活用!

お風呂上りの肌の保湿、出産後にたるんでしまったお腹のケア、できてしまった妊娠線のケア、そして赤ちゃんの保湿クリームとして使えるものもあります。

産後はお腹が急激に小さくなるので、お腹周りの皮膚がたるんでしまいますが、だんだんと元に戻っていきます。保湿して肌のターンオーバーを促すことで、再生能力をアップさせるので、産後もぜひ妊娠線予防のクリームを活用してくださいね。

クリームによっては赤ちゃんにおすすめできないものもありますが、ベルタマザークリームAFCのマタニティクリームなどは、赤ちゃんの保湿にも使えると公式サイトで案内があります。ママと赤ちゃん、一緒に使えるのは嬉しいですよね。

妊娠線予防クリームの種類

妊娠線予防クリームの種類

妊娠線予防クリームの種類の多さは嬉しいこと

妊娠線予防クリームは数年前と比べると、ずいぶん種類も増えて成分的にも贅沢なものが多くなったと思います。これは妊娠線予防クリームだけに限らず、マタニティ用のグッズや赤ちゃんが使う育児グッズなどにも共通して言えますね。

数年経つと、「え?こんなものもがあるの?便利そう!!」というものを多く見かけます。それだけ、女性の声や考えが反映された商品が日々増えているということで、とても嬉しいことですよね。

妊娠線予防クリームも数年でずいぶんと変わります。一つの妊娠線予防クリームにしても度々リニューアルされて良いものに生まれ変わり続けています。

この変化は嬉しい反面、一番良いものを選ぼうとすると迷ってしまいますよね。選択肢が増えることは嬉しいですが、その中から一つを選ぶことも大変なことです。

妊娠線予防クリームは肌に合ったものを使うのが一番

数ある妊娠線予防クリームを選ぶとき、大切なのは「肌に合ったものを選ぶこと」です。アレルギーがある成分や、美白成分、合成香料や合成着色料が入ったものなどは避けた方が良いでしょう。

妊娠中の肌は前に比べて敏感になっています。それは、妊娠中は女性ホルモンが増えてホルモンのバランスが不安定になるため。妊娠中に様々な体の変化がありますよね。例えば、シミが増えたり肌が乾燥してニキビができたり。これもホルモンバランスが変化してきているためです。

普段使えていた化粧品が妊娠したら使えなくなったということはよくあることです。肌に異常があったらすぐに使用をストップするようにしましょう。

妊娠線予防クリームは数多くあります。当サイトでも人気でおすすめのクリームをご紹介していますが、基本的にはすべて肌に優しい原料が使われています。妊娠した女性が使うことを前提に開発されているものなので、肌への刺激が少ない成分で作られています。