ニベアの青缶で全身保湿ケア、出産直前に妊娠線が下腹部に

ニベアの青缶はその保湿力とコスパの良さで、最近話題になっています。ドラッグストアなど、どこにでも手に入りとても気軽に使えるのが嬉しい保湿クリームです。ニベアの青缶を妊娠線予防にと使うママも多いですね。

ママたちに聞いてみた!

ママたちに聞いてみた!

一番大きなサイズのニベアの青缶で妊娠線をケア

つわりのため遅めの妊娠線ケア

専用クリームで保湿

専用クリームで保湿

妊娠しお腹が膨らむと妊娠線が出来ると聞いていたため、予防をしようと決めていました。

本来であれば、妊娠初期から予防の為にクリーム保湿をすべきなのでしょうが、お腹も目立たず悪阻が酷く、クリームの匂いが耐えられなかったので結果的に悪阻が治ってからの対応になりました。

とにかく保湿が大切と聞いていたので、どのクリームを使うかで、まず迷いました。

コスパがよいニベアの青缶をチョイス

ニベアの青缶

ニベアの青缶

妊婦専用のクリームが数々売られていますが、どれが良いのかわからない上に、専用クリームはコストも高くたっぷり塗れないのではないかと思い、手軽に買えてコストもかからないニベアにしました。

ニベアの青缶の一番大きなサイズのものにしました。

全身に使え、他の所にも塗れるので、たっぷりと使えるところが良かったです。

毎日のお風呂上りにお腹を重点的に、胸、お尻にもたっぷり使いました。案外、胸やお尻もサイズが変わるので、妊娠線が出来るみたいです。

子供と会話をする気持ちで毎日塗り込みました。

出産直前に妊娠線が

出産直前に妊娠線が

出産直前に妊娠線が

お腹の子供が大きく、腹囲が100センチ程にまで成長し、出産の少し前に下腹部に2本割れたような大きな妊娠線が出来てしまいました。

産んだ直後から妊娠線ができた場所が非常に痒く、産院にもニベアを持って行って毎日塗っていました。

それが良かったのかもしれませんが、妊娠線の色はだんだんと薄くなってきました。

産んだ直後からもう保湿クリームを塗らない人が多いのではないかと思いますが、産後もケアが重要なのだと思います。

専用クリームがおすすめ

専用クリームがおすすめ

ニベアの青缶は保湿力が非常に高いと人気です。

そして妊娠線予防に大切なのも保湿です。妊娠線は急激な皮膚の伸びに皮膚の皮下組織がついていけずに断裂を起こしてしまうものです。

その断裂を防ぐためには皮下組織が断裂を起こしにくく、弾力のあるものにすることが大事。

ニベアの主成分はワセリンです。ワセリンとは皮膚科でも処方されるほど安全性も高く保湿力の高いもの。やけどの治療などにも使われます。

このワセリンは分子が大きいため肌の奥までは浸透しません。

ニベアクリームの青缶は肌の表面を保護して保湿する役割がとても高いのです。

ただ、妊娠線は肌の内側を保湿することがとても大事です。妊娠線を予防するという意味では、妊娠線予防専用のクリームを使うことがおすすめです。

ニベアの青缶についてはこちらでも詳しく書いていますので、興味のある方はご参照くださいね。
>>ニベアの青缶は妊娠線予防に使える?

妊娠線の予防には保湿が大切!