ベビーオイルは妊娠線予防に使える?産後も赤ちゃんの保湿用にも使いたい

妊娠線を予防するために使うクリームやオイル。ベビーオイルは赤ちゃんも使えるものなので、低刺激に作られているものが多くあります。赤ちゃんが生まれてからも一緒に保湿用に使えるというメリットもありますね。実際、妊娠線の予防としてはどれほどの効果があるものなのか見ていきましょう。

ベビーオイルは妊娠線予防になる?

ベビーオイルは妊娠線予防になる?

敏感な肌におすすめしたいベビーオイル

まず、ベビーオイルは大きく2種類に分けられます。「鉱物油」と「植物油」です。

鉱物油とは

「鉱物油」は石油を原料として作られたオイルで、ベビーオイルでは「ミネラルオイル」として原料に記載されていることが多くあります。

石油を原料にしていますが、精製してあるので、特に肌に悪いということはありませんが、粒子が大きいために肌には浸透していきません。

どちらかというと、肌の表面を保護する役割をするオイルですが、毛穴や皮脂腺を塞いでしまうので、肌が敏感な方や赤ちゃんは肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

「植物油」と比べると比較的安価で、手に入れやすいという特徴もあります。

植物油とは

「植物油」とは植物の実や種から抽出されるオイルです。ベビーオイルによく使われるのは「ホホバ種子油」「ヒマワリ種子油」「スイートアーモンド油」「シア脂」などです。

どれも肌への浸透力を持ち、ビタミンやミネラルを豊富に含み保湿力も高いためベビーオイルによく使われます。

植物性で浸透力もあるため、肌トラブルも起こしにくいので敏感肌のケア用としても使われます。ただ、天然の植物オイルなので酸化しやすいため、開封後はなるべく早めに使い切った方が良いです。

敏感になっている妊娠中に使いたいオイル

妊娠中に使いたいオイル

妊娠中に使いたいオイル

妊娠中は肌が敏感になっている時です。鉱物油か植物油かどちらがおすすめかというと、どちらにもメリットデメリットはありますが、適度な浸透力を持ち、肌の皮脂腺を塞がない「植物油」をおすすめします。

ビタミンやミネラルもバランスよく含まれているので、肌のターンオーバーも適度に促し、赤ちゃんの皮膚の成長もサポートします。

肌の乾燥が激しい時は、肌の表面にふたをする役割の「鉱物油」からできている「ミネラルオイル」や「ワセリン」がおすすめなのですが、特に乾燥など肌のトラブルがなければ、「鉱物油」は汗っかきの赤ちゃんの皮脂腺を塞いでしまう可能性があるので、浸透力のある「植物性油」がおすすめです。

ベビーオイルの原材料を見て、「ホホバ種子油」「ヒマワリ種子油」「スイートアーモンド油」「シア脂」など、植物性のオイルが使われたベビーオイルを選ぶのがおすすめです。

妊娠中は肌への刺激の少ない植物性のオイルが一本あると、保湿用やパサつきがちな髪や爪などにも使えて、いろいろ便利ですよ。

妊娠線予防としての効果は

ベビーオイルは妊娠線予防に使える?

ベビーオイルは妊娠線予防に使える?

「植物性油」の妊娠線予防の効果ですが、「鉱物油」と同じく、妊娠線を予防するために作られたものではないので、あまり期待しない方がよいでしょう。

ただ、「植物性油」は浸透性があるので、妊娠線予防専用のクリームをつける前にブースターとしてまず植物性油のベビーオイルを塗ると浸透力、クリームの伸びが一段と良くなります。

この使い方は、特に妊娠中期以降、お腹が急激に大きくなる前からの予防にとてもおすすめです。

植物性油のベビーオイル単体でももちろん保湿はできますが、妊娠線予防に効果があると言われている成分や美容成分は、ベビーオイルに入っていません。

「妊娠線予防」の目的であれば、専用クリームが一番、ベビーオイルはそのサポートをする役割として使うのが良いでしょう。

植物性のベビーオイルは、赤ちゃんが生まれてからも赤ちゃんのマッサージ・保湿用にも使え、ママのスポット的な保湿やブースターにも使えますので、一本持っておいても便利だと思います。

ただ一つ気を付けておきたいのは、植物性の油は酸化してしまうので、あまり量を使わない頃はなるべく小さなボトルで買うのがおすすめです。

妊娠線の予防には保湿が大切!