妊娠中に甘酒を飲むときは要注意?!知っておくべき甘酒のメリット・デメリット

健康面や美容面に取り入れたい日本の伝統的な飲み物の甘酒。今やモデルや芸能人が毎日飲んでいる飲み物として注目を集めています。栄養がいっぱい入っている甘酒は妊娠中でも取りたいですよね。ですが、甘酒にはアルコールが含まれているから飲んではいけない?と思いますが、妊娠中でも飲める甘酒があります。甘酒の種類とメリットなど解説していきます。

妊娠中に飲む甘酒のメリット・デメリット

妊娠中に飲む甘酒のメリット・デメリット

妊娠中はアルコール0%の米麹の甘酒を飲もう

米麹の甘酒を選ぼう

米麹の甘酒を選ぼう

甘酒には2種類あり、原料が米麹と酒粕に分かれます。妊娠中に飲んではいけないのは酒粕の甘酒になります。酒粕は原料自体にアルコールが含まれており、甘酒に発酵させてもわずかながら含まれています。

妊娠中のアルコールは微量でも摂取してしまうと、お腹の赤ちゃんの発達に悪影響を及ぼします。「胎児性アルコール症候群」を発症してしまう可能性があり、危険です。

赤ちゃんのために酒粕を原料としている甘酒は断じて飲むのをやめましょう。そして米麹が原料の甘酒は安全でアルコールは一切含まれないので安心して飲むことが出来ます。

さらに米麹の自然な甘さがあるので、砂糖が比較的少なく、カロリーが低いです。米麹と酒粕の甘酒では栄養価もわずかながら変わりますが、妊娠中は米麹のみ取り入れるようにしましょう。

知らないと損!妊婦さんが甘酒を飲むメリットとは

飲む点滴ともいわれ親しまれている甘酒には美肌効果があります。

血液の循環をよくし、血行を促進させ熱を作り出す役割があります。妊婦さんに大敵である冷えを改善してくれる効果や肌荒れを予防する効果があり、しみやくすみにもいいです。

そして肌を潤いへと導くことも期待できるので、乾燥肌の改善にも良いと言われています。さらに食物繊維が豊富で整腸作用もあることから便秘解消にも効果的です。

妊婦さんは大きくなったお腹で圧迫され便秘に悩まされることも多いのです。その他にも疲労回復、栄養補給をすることができ、万能な飲み物ですから「飲む点滴」として親しまれています。

アルコール0%の表記は0%じゃないことも!過剰摂取に注意

市販で売られている酒粕の甘酒にはアルコール0と表記されているのもありますが、実はアルコールが少し入っている可能性があるのです。

表記としてアルコール度数が1.0以下のものに関しては表記を0としてもいいと決められています。

ですので、酒粕が原料の甘酒は0%アルコールフリーとは言い切れませんので、妊娠中は必ず米麹が原料となる甘酒を飲むようにしましょう。

そして、甘酒はお米本来の甘さもありますが、砂糖も含まれていて妊娠糖尿病になるリスクがあがってしまうので、過剰摂取は控えましょう。甘酒は一度にたくさん飲むよりも、コップ一杯を毎日続けた方が身体良いですよ。

甘酒は自宅で簡単に作れます!

自宅で甘酒簡単に作る方法

自宅で甘酒簡単に作る方法

実は甘酒は自宅で作ることができます。作り方としては炊飯器を使ったり、鍋を使ったり、発酵食品専用の家電を使ったりとさまざまですが、ここでは炊飯器を使うレシピをご紹介していきます。

材料 

  • お米 – 100グラム
  • 糀 – 100グラム
  • 水 – 300グラム

作り方

1. まずは3倍粥のおかゆを作ります。お米100グラムに対し、水300mlで炊き上げます。炊飯器におかゆモードがあればスイッチを押し、できるのを待ちましょう。

2. 3倍粥ができたら粗熱をとります(※注 ここであつあつの状態で進めてしまうと糀菌が死滅してしまいます)

3. 冷めたおかゆと糀をまぜ、60度に調整したお湯をいれます。炊飯器のふたはしめずに、ふきんを被せて保温モードで6~8時間発酵させます。

4. 発酵後、ミキサーにかけてなめらかにすると飲みやすくなります。

できたた甘酒はほんのり甘く、優しい味わいになりますが、甘酒だけでは苦手という方は、豆乳や牛乳で割って飲むのもおすすめです。

さらに甘酒をそのままゼラチンなどで固めてゼリー状にしたスイーツにしたり、きなこやバナナとブレンドしてスムージーのように味わうのもいいですね。

たくさんの栄養がある甘酒ですが、健康のためにぜひとり入れていきいたいですね。甘酒にこんなにたくさんの栄養が含まれているのであれば、妊娠中のみならずすぐに飲み始めたいものですよね。

美肌や便秘、そして赤ちゃんのためにも良い栄養素が豊富に含まれているので、ぜひ飲んでみてください。