肌に葉酸?妊娠すると摂取を推奨されている葉酸が肌に与えるメリット

妊娠するともらう母子手帳にも書かれているように、妊婦さんには葉酸の摂取が薦められているので、葉酸サプリを飲んでいるママも多いでしょう。妊娠線クリームをいろいろ見ていると「葉酸配合」と書かれているものものありますね。葉酸は細胞を活性化する働きがあるので、おなかの赤ちゃんの細胞分裂も助け、肌に塗ることで肌のめぐりも良くなっていくんです。

葉酸はどんな働きをする?

葉酸はどんな働きをする?

葉酸の働きとは?

葉酸のことを妊娠してから知ったというママも多いのではないでしょうか?葉酸はビタミンB群の栄養素で、緑色の野菜、ほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれます。

葉酸は赤血球の生成を助け貧血を予防したり、胎児の正常な細胞分裂を促進したり、タンパク質の生成や合成を助けたりするのが葉酸主な働きとして知られています。

日本では2003年より厚生労働省が妊婦さんに葉酸の摂取を推奨するようになりましたが、海外でもその何年も前から葉酸が胎児の正常な発育を助ける栄養素であると認められ、摂取が推奨されています。

葉酸は妊婦さんだけでなく、産後の女性や貧血気味の方にも必要な栄養素とされ、認知症の予防としても効果があるという実験結果も発表されているんです。

葉酸と肌の関係

葉酸と肌の関係

葉酸と肌の関係

細胞を元気にする葉酸、サプリや食事から摂取するだけでなく、肌に塗ることでも表皮の細胞を元気にして代謝を上げる働きがあります。

代謝が上がることで細胞分裂が早くなり、きれいで健康な肌が保てるようになるんです。

細胞分裂のスピードは年齢と共に下がっていきます。妊娠線も経産婦さんや高齢出産のママなど年齢が高いとできやすくなりますので、細胞が元気な若々しい肌を保つことも妊娠線予防の秘訣の一つです。

お肌を元気にして底力を上げてくれるのが葉酸です。妊娠線予防クリームを選ぶときは、葉酸が配合されたものを選ぶのもポイントの一つです。

葉酸が配合されている妊娠線クリームは、ベルタ妊娠線予防クリームAFCストレッチマーククリームです。どちらも妊娠線予防クリームとしてとても質の高いものです。

妊娠線の予防には保湿が大切!