早い方がいいってホント?!妊娠線予防クリームの選び方と塗り始めの時期

妊娠を知りうれしくて、お腹に赤ちゃんがいる感覚を感じて喜び過ごしているころですよね、わかります!でもちょっと待って!「妊娠線」ということばを目にするようになり、お腹の赤ちゃんのことばかり気にしてる場合じゃないかも。予防は大事みたいだけど、いったいいつ頃からクリームを塗ればいいのでしょうか?妊娠線予防にとっても大切です。

妊娠線予防クリームはいつから塗りはじめるのがいいの?

妊娠線予防クリームはいつから塗る?

妊娠線予防クリームはいつから塗る?

最近よく読むようになったマタニティ雑誌でも妊娠線予防クリームのことは見かけるけど、いつから塗り始めればいいのでしょう?妊娠がわかってすぐの頃はまだお腹も全然目立たないし、肉割れが起きそうな気配もない感じです。

それでも妊娠初期から塗る必要ってあるのかなぁ・・・?という疑問、ありませんか?

いつから塗ればいいんだろう・・・?

みんなの塗りはじめはいつ?
中期~(5~7ヶ月)
4ヶ月あたりから

中期からという声が最も多く、お腹が大きくなってきたと感じた時から塗りはじめる人が多いようです。つわりが終わった頃など、食欲が増しお腹も急激に大きくなりがなこの時期から意識しやすくなるようですね。

実際にお腹が日に日に大きくなってくると、妊娠線のことも心配になってきますよね。

しっかり予防派
妊娠を知った時から
早くはじめることで皮膚がやわらかい状態を保てているので、大きくなってくるお腹に皮膚が対応でき妊娠線をしっかり予防できます。しっかりと予防したい場合は妊娠がわかった頃から塗っても早すぎるということはありません。

季節や体質
乾燥しがちな冬場や、元から乾燥肌の方は肉割れしやすいので早めにケアをすることをおすすめします。

妊娠線をしっかり予防したい場合は

妊娠がわかったら早目にケア

妊娠がわかったら早目にケア

一度できてしまうと、なかなか消えにくい妊娠線。産後もきれいな体でいるために、妊娠線のケアは早目に予防を始めるのがいいですね。

皮膚が柔らかい時にケアをしていくことでやわらかい状態を保て、肉割れしにくくなります。

乾燥肌の方や乾燥する時期は、肌トラブルが起きてしまう前にしっかり保湿しましょう。

妊娠線は妊娠がわかった時からケアしていくのがしっかり予防したい人向けです。少なくとも、お腹が目立ち始める妊娠中期にはしっかりとクリームを塗って妊娠線を予防していきましょうね。

妊娠線の予防には保湿が大切!