たくさんあって迷っちゃう?!妊娠線予防クリームの選び方

妊娠がわかったら、やることはたくさんありますが妊娠線予防クリームのことも考え始めたい時期ですね。お腹が目立ち始める妊娠中期から塗っても遅くはありませんが、皮膚が柔らかいうちにケアを始めた方が妊娠線ができる確率は低くなります。では、妊娠線予防クリームはどのようなことに気をつけて選ぶのがよいか見ていきましょう。

妊娠線予防クリームを選ぶポイント

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームはどのように選んでいくのが良いのでしょうか?普通のボディーローションとはどこがどう違うの?そんな疑問、ありませんか?

よい妊娠線予防クリームを選ぶときのポイントは4つあります。

妊娠線予防クリームを選ぶポイント
予防専用クリーム
保湿効果が高いもの
伸びのよいクリーム
アレルギーがないもの

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線ケアと言えば「シラノール誘導体(保湿成分)」というほど知名度が高く、妊娠線を改善する効果が最も優れている保湿成分。

このシラノール誘導体を主成分とするクリームなどがおすすめです。

今まで使っていた化粧品でもいいですね、化粧品には浸透性もよく、保湿効果も高いものが多いからです。美容成分の含有量が多いことが大切です。化粧品を使う場合は、美白化粧品や防腐剤などの添加物や石油由来の原料が使われていることがあるので、成分には気を付けてくださいね。

妊娠線の原因は急激なおなかの中の赤ちゃんの成長に伴う肉割れですが、この肉割れは皮膚が乾燥していたり硬くなっていると起きやすくなります。保湿をすることで肉割れを防ぐことができますので、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。

のびの良さもとても大事です。のびが良いクリームは少量でも長持ちしますし、肌にも浸透しやすくできています。肌に馴染が良く、つけていてもべたついたりしないで気持ちよく使えるものが良いですね。

気持ちよく使えるものを

気持ちよく使えるものを

そしてもちろん、アレルギーがないものにしましょう。良いと言われている妊娠線予防クリームでも成分にアレルギーがあるものが入っているものは避け、ご自身の肌に合ったクリームを使うことが第一です。

成分に気を付けて

そして石油成分・添加物には気をつけましょう。

添加物には気を付けて

添加物には気を付けて

妊娠中はホルモンのバランスが乱れやすくなっていて肌荒れを起こしやすくなっています。また、皮膚からの経皮吸収によって赤ちゃんへの悪影響につながる恐れもあります。

防腐剤や抗菌・殺菌作用のある添加物や石油成分に気をつけましょう。できれば自然由来のものを使う方が安心ですね。

年齢とともに肌も衰えてしまいます。早いうちからしっかりケアすることは後につながることなので、お腹の赤ちゃんのためのマタニティーライフでもありますが、自分のお肌もしっかり大切にしましょうね。

妊娠線の予防には保湿が大切!