どうして?なぜできちゃうの?妊娠線ができる理由とその予防方法

日に日に大きくなるお腹、気になってくるのが妊娠線のこと。妊娠を知ったときから気にする人も多いというこの妊娠線。できてしまう理由と予防方法を知って産後きれいなお腹でいるためにもしっかりケアしましょう。

なぜ妊娠線はできてしまうの?

妊娠線ができる原因と予防

妊娠線ができる原因と予防

妊娠線ってどうしてできるのでしょうか?妊娠する前は、妊娠線のことなんて考えたことなかったですよね。

では、妊娠ができる仕組みを見ていきましょう。

急激な皮膚の伸びが一番の原因

皮膚の構造は、「表皮」と「真皮」と分けることができます。

表皮は肌の表面の皮で、収縮することができますが、その下の「真皮」は表皮ほど弾力がないため、伸びずに断裂してしまうことがあります。

【妊娠線ができる時の肌の状態】

妊娠したり、急激な体重増加などで皮膚が急にのびる時、表皮はその伸びについていけますが、真皮がついていけずに切れ鉄が走ってしまう。

そしてできるのが妊娠線です。

妊娠線ができる理由

妊娠線ができる理由

できたての頃は赤紫色で、後にだんだんと白っぽく変化していきます。

肌が生まれ変わりにくくなる

妊娠中に増えると言われているコルチコステロイドというステロイドホルモン、このホルモンは肌のターンオーバーを抑制させてしまう働きがあります。

コラーゲンの生成も妨げられ弾力を失い、古い肌は薄く硬くなり割れやすくなってしまうんです。

妊娠線ができやすい体質もある

妊娠線は体質も関係があると言われています。皮下脂肪の厚い人や、もともと小柄な体型の方は妊娠線が出やすく、乾燥肌の方も肉割れを起こしやすいので気をつけなければなりません。

妊娠線を予防する方法

皮膚の収縮についていけずに起きてしまう妊娠線。できてしまうとやはりショックです。

妊娠線はだんだんと薄くなっていき目立たなくなっていきますが、最近ではできてしまった妊娠線に塗るクリームなどもありますね。

妊娠線ができてしまう前に、少しずつケアして予防していきましょう。

体重のコントロール

急激な体重の増加は妊娠線を作りやすくしてしまいます。安定期に入ったらウォーキングやヨガなど、適度な運動をしてみましょう。

また、野菜なども積極的に摂るようにしてバランスのとれた食事を規則正しくとるようにしましょう。

保湿ケア

乾燥すればするほど割れやすくなり、妊娠線はできやすくなります。

大事なのは肌を保湿することです。妊娠線予防のクリームなどを使って肌に潤いを与え、ハリと弾力のある肌を保ちましょう。

その際、赤ちゃんに話しかけながらマッサージをしてみるのも良いですよ。乾燥が激しい冬場の妊娠期間は特に気をつけてくださいね。しっかりと保湿をしましょう。

妊娠線の予防には保湿が大切!