妊娠線ができやすい体質とは?乾燥肌の方はしっかり保湿を

妊娠して赤ちゃんを産んでも妊娠線ができる人とできない人がいます。どうしてでしょう?その差に何があるのでしょうか?もし妊娠線ができやすい体質なら、しっかりと早目からケアして予防したいですね。では、妊娠線ができやすい体質についてみていきましょう。

妊娠線ができやすい体質とは?

妊娠線ができやすい体質とは?

妊娠線ができやすい体質

妊娠線は急激なおなかの大きさの変化に皮膚がついていけなくなり、皮膚の皮下組織部分が肉割れを起こしている状態です。

この肉割れは急激なダイエットなどで体の大きさが変化したときにも太ももや腕、お腹などにできてしまいます。

皮下組織が割れてしまう肉割れを起こしやすい体質の方と、そうでない体質の方がいます。妊娠線ができやすい体質を見てみましょう。

妊娠線ができやすい体質
乾燥肌
皮下脂肪が多い
血行が悪く皮膚がかため
多胎妊娠
遺伝

乾燥肌や皮下脂肪の多い方、皮膚が固い方は肉割れを起こしやすくなっています。

肌質は遺伝も関係するので、ご家族の中に妊娠線ができた方がいたら、妊娠線予防は早目のケアを始めるのが心強いですね。

多胎妊娠もおなかが急激に大きくなるために妊娠線ができやすくなっています。クリームや保湿でしっかりとケアをしていきましょう。

できやすい体質なら早目にケアを

早目のケアが大切

早目のケアが大切

もし妊娠線ができやすいかも?と感じたら、妊娠がわかった時点で早目にケアを始めることをおすすめします。

妊娠線ができにくい体質は、やはり肌が保湿されていて柔らかい状態です。

まだお腹が目立たない妊娠3ヶ月、4ヶ月頃からでもおなかの保湿をしっかりと行い、柔らかい柔軟性のある肌を保ち妊娠線ができにくい体質に近づくようにしていくといいでしょう。

妊娠線ができにくい体質
肌が潤い保湿されている
肌が柔らかい
適度な運動をして血行が良い

妊娠線の予防には保湿が第一、しっとりと柔らかい肌を保つようにしましょう。もし妊娠線ができてしまっても、そんなに悲観的になることはありません。妊娠線ができてしまっても諦めずにケアをしていくことで、跡は残りにくくなりますよ。

妊娠線の予防には保湿が大切!