妊娠線予防クリームをたっぷり使ってこまめに保湿&体調管理

妊娠線は一度できてしまうと消すことが難しいので、作らないようにしたいですね。専用の妊娠線予防クリームを使ってこまめな保湿を心がけることもとても大切です。そして急激な体重増加に気をつけたり、皮膚を柔らかくするために軽いストレッチをしたりすることも効果的です。妊娠中は運動不足にもなりがちなので、無理をしない程度に体も動かすと良いですね。

ママたちに聞いてみた!

ママたちに聞いてみた!

妊娠線予防クリームで保湿して適度な運動

姉のアドバイスで妊娠線の予防

専用クリームで保湿

専用クリームで保湿

姉が先に出産して妊娠線ができてしまいがっかりしていました。

姉は保湿クリームは使用していたようなのですが、もっと小まめにつけていれば良かったと後悔していました。

私が妊娠した時、妊娠線ができないように早目にお腹まわりの保湿を心がけたら良いとアドバイスをしてくれました。

妊娠線予防クリームと体調管理

妊娠線は一度できると消えることがないと聞いたので、妊娠線予防クリームを妊娠4ヶ月ぐらいからお腹に塗り始めました。

また、急激に体重が増加すると妊娠線ができてしまうと聞いていたので、太らないように食事などにも気を付けて体重管理をしていました。

バランスのとれた食事を

バランスのとれた食事を

妊娠線予防クリームをたっぷり使い保湿

妊娠線は胸や内ももとお尻などもできると聞いていたので、お腹だけでなくなるべく体中にクリームを塗りました。

お腹がかゆくなったときにもクリームを塗って保湿を心がけたり、適度に柔軟体操をして皮膚が硬くなるのを防ぐようにしていました。

妊娠線予防クリームは市販のボディークリームと比べると値段が高いのですが、ケチらずにたっぷりとまめに塗るようにしていたら、妊娠線ができずに無事出産することができました。

適度な運動も大切

適度な運動も大切

確かに妊娠線予防クリームって、普通のボディークリームよりも美容成分がたくさん入っているのでお値段が高めですね。

専用のクリームも定期コースで購入するとずいぶんお得になるものもあるので、気に入ったものは定期購入やまとめ買い割引がお得になりますね!

妊娠線予防はクリームでマッサージすることも大切ですが、適度な運動で体重管理をしたり、軽いストレッチで皮膚を柔らかくすることもとっても大切。

特に冬場は乾燥して皮膚も硬くなってしまいがちなので、気をつけたい時期です。

妊娠中はおなかが重くなると運動不足になりがちです。無理のない程度で軽くストレッチはするようにしたいですね。

妊娠線の予防には保湿が大切!