体がほかほか暖かくなる成分「へスぺリジン」はみかん由来のポリフェノール

AFCストレッチマーククリームに入っている成分の一つ、「へスぺリジン」はみかん由来のポリフェノールで、果皮や薄皮、スジなどに含まれています。柑橘類に多く含まれる「へスぺリジン」古くから健康維持のための栄養素として親しまれています。

へスぺリジンの働き

へスぺリジンの働き

へスぺリジンの一般的な働き

「へスぺリジン」という成分、カタカナであまり身近な言葉ではありませんが、この成分はポリフェノールの一種で、みかんの皮や袋、スジに多く含まれるものです。

どんな働きがあるかというと、毛細血管の強化、血流改善効果があるとされていて、血行を良くして体のめぐりをよくする成分です。強くしなやか血管を保ち、冷えや肌の状態をよくするとして知られています。

昔から、ゆずやみかんの皮を乾燥させたものをお風呂に入れるととても体が温まると聞いたことはありませんか?これは「へスぺリジン」の効果なんです。みかんやゆず、柑橘類の皮に含まれる「へスぺリジン」が血行を良くして体を温め、めぐりを改善して肌の状態も良くなるというわけです。

妊娠線予防クリームでのへスぺリジンの働き

へスぺリジンの働き

へスぺリジンの働き

では、この血行をよくすると言われている「へスぺリジン」妊娠線予防クリームに入っているとどのような働きをするのでしょうか?

妊娠線ができる原因は皮下組織、コラーゲンの断裂です。おなかの中の赤ちゃんの成長に伴って伸びる皮膚に皮下組織がついていけずに割れてまいできるのが妊娠線。

予防するにはしなやかに伸び、コラーゲンが断裂しないような強い皮下組織を作ることが大切です。そのためにはしっかりと保湿されて柔らかい肌、血行もよく代謝が活発な肌を作ることが大切です。

「へスぺリジン」は毛細血管の強化、血流改善効果があるので、「へスぺリジン」が肌に浸透するとわずかですか体がほかほかとしてくるのを感じます。ゆずやみかんの皮を入れたお風呂に入るのと同じですね。

血行が良くなるため血液にのった栄養が体にいきわたり、代謝も活発になります。めぐりが良くなれば柔らかい肌を保つことができ、急激に伸びる皮膚にもついていくことができます。

このめぐりをよくする成分「へスぺリジン」が入っているのが「AFC ストレッチマーククリーム」です。AFC ストレッチクリームにはもう一つ、めぐりをよくする成分「葉酸」が入っています。「葉酸」は細胞を元気にして活発にする働きもあるため、「へスぺリジン」と「葉酸」が配合されたAFC ストレッチマーククリームをつけると、肌がホカホカしてくるのを感じられると思います。

AFCストレッチクリームは、120gで2800円(税別)送料無料というとてもリーズナブルなお値段です。妊娠線予防専用に作られているので、妊娠線を作りたくないママの強力な味方です。

AFC ストレッチマーククリーム公式サイトはこちらから