お腹が痒い!おなかの痒みを感じたら妊娠線の危険信号?!

妊娠するとホルモンのバランスが崩れて体に様々な変化が起きてきます。妊娠中に起きる「痒み」もそのうちの一つです。妊娠する前よりも肌に痒みを感じたりしていませんか?そして妊娠後期に入り、お腹も大きくなってくるとお腹に痒みを感じることもあります。痒みと妊娠線の関係を見ていきましょう。

痒みと妊娠線

痒みと妊娠線

妊娠中は痒みを感じることが多い

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠中はホルモンバランスの変化で肌の状態も変化しやすくなっています。昔よりも乾燥しやすくなったり、いつもできないところに吹き出物ができたりしていませんか?

妊娠中にいつもと肌が違うと感じるのはよくあることなので心配しなくても大丈夫です。

では痒みはどうでしょう?

痒みも肌が敏感になっているために感じることもありますが、妊娠性掻痒(にんしんせいそうよう)という肌のトラブルもあります。

妊娠性掻痒は肌に強い痒みを感じるもので、特に湿疹が出たりするわけではなく肌の表面に変化はありません。

とても強い痒みなので、掻き壊してしまうと跡になってしまうこともあります。強い痒みを感じたら皮膚科やかかりつけの産婦人科に相談して塗り薬を処方してもらうこともできますので、辛い時はためらわずに病院を受診しましょう。

妊娠中は女性ホルモンが増える代わりに男性ホルモンが減るため、肌が非常に乾燥しやすい状態になっています。このことが妊娠中にできる吹き出物や痒みの原因にもなっているんです。

痒みを感じたら、乾燥を疑いしっかりと保湿することを心がけましょう。特に乾燥の激しい秋冬は保湿クリームや保湿器などを使って肌を保護すると良いですよ。

妊娠中は肌への刺激が少ないものを

妊娠中はホルモンバランスの変化で肌が敏感になっていることが多くあります。

痒みを感じる原因は乾燥であったり、衣服や下着の摩擦、シャンプーやボディーソープから来るかものかもしれません。妊娠中はいつもより肌が敏感になっているということを忘れずに、シャンプーやボディーソープなども無添加、自然由来のものなどで刺激の少ないものを使うと良いでしょう。

妊娠前は大丈夫でも、妊娠すると肌の状態が変化するので敏感に反応してしまうということがあります。

妊娠線ができる時は痒みを感じることも

妊娠線ができる時にお腹に痒みを感じるというママの声もあります。

妊娠線ができる時に痒みを感じる?

妊娠線ができる時に痒みを感じる?

お腹が急激に大きくなる妊娠後期は、今までは大丈夫でも突然妊娠線ができてしまったりします。お腹が大きくなると皮膚が引っ張られるので、その刺激でお腹が痒く感じることもあります。

そして乾燥のため痒みを感じることもあります。

妊娠線ができる原因は急激な皮膚の収縮による皮下組織の断裂です。皮膚が弾力があり柔らかい状態を保っていれば断裂は起きにくく、妊娠線もできにくくなります。

弾力を持ち柔らかい肌を作るには保湿が一番です。もしもおなかに痒みを感じていたら、お腹がの皮膚が乾燥していたり、皮膚の急激な伸びが始まっているのかもしれません。

柔らかい肌でいるために、しっかりと保湿を心がけてくださいね。

妊娠線の予防には保湿が大切!