あなたにあった妊娠線予防クリームを!

妊娠線予防

妊娠線予防

妊娠線予防クリームは数多くあります。そして「妊娠線予防クリームは高い!」「妊娠線予防は保湿さえしていれば大丈夫」という声も聞かれます。本当にそうでしょうか?

今は妊娠線予防クリームも数多くあり、コストが抑えられているものや、高保湿にとことんこだわった専用のものなど種類も多くあります。数が多すぎて、自分に合ったものがどれなのか選ぶのが大変なほどです。

私自身も初めて妊娠したとき、妊娠線がどのようなものなのか、何をすればよいのかわからずに手軽なボディークリームでお腹だけを保湿をしていました。3人の子供を出産するまでに、妊娠線クリームの種類や存在も知りましたが、それでもどれが良いのか選ぶのに苦労しました。

私が今までに調べた妊娠線のことや、使ってきた妊娠線予防クリームを比較してレビューしています。妊娠線は作りたくない、でもどれを使っていいのかわからない。そんなあなたにあった妊娠線予防クリーム探しのお手伝いができればと思います。ぜひ当サイトの情報をご活用ください。

妊娠線の基礎知識

妊娠線の基礎知識

妊娠線の基礎知識

初めての妊娠の場合、妊娠線という言葉は耳慣れないかもしれませんね。妊娠してから初めてどんなものか知ったということもあるかもしれません。妊娠線について少しお話します。

妊娠線ができる原因とは

妊娠線は肉割れとも呼ばれています。体重増加などで急激な皮膚の収縮があった時、表皮の伸びにその一段下の真皮が対応できずに断裂を起こしてしまうことが原因です。

真皮はコラーゲンで形成されていて、このコラーゲンが伸びきれずに断裂を起こしてしまうのです。妊娠中の急激な体重増加や赤ちゃんの成長で皮膚が伸び、それについていけなくなり、ある日ピリッと亀裂が走ってしまいます。

妊娠線ができる理由

妊娠線ができる理由

妊娠線ができやすいのはこんな人

妊娠線はできやすい人、できにくい人がいると言われているのも事実です。特に、妊娠線ができた安いと言われているのは、

経産婦の方
ぽっちゃり気味の方
小柄な方
多胎妊娠の方
高齢出産の方

などです。
経産婦さんは一度妊娠して子宮が大きくなっているため、お腹も大きくなることが多く妊娠線ができやすいと言われています。

そして皮下脂肪が厚い程、皮膚が伸びにくいと言われています。そのため、ぽっちゃり気味の妊婦さんも注意が必要です。

小柄な方、多胎妊娠の方は通常に比べてお腹が出やすいため、妊娠線もできやすいと言われています。小柄な方は、赤ちゃんがお腹に入る面積が少ないため、その分前にお腹がせり出し、お腹が出てしまうんですね。

高齢出産の方の場合、やはり皮膚が伸びにくくなって真皮の断裂を起こしやすくなっています。

妊娠線の予防に大切なこと

妊娠線の予防に大切なこと

妊娠線の予防に大切なこと

妊娠線の予防には、急激に体重を増やさないようにする、血行を良くするために軽い運動をする、なども大切になってきます。

そして並行して行いたいのが日々のスキンケア。

肌が乾燥するとどうしても皮膚が伸びにくくなり、断裂を起こしてしまいやすくなります。

赤ちゃんの成長にお腹の皮膚がついていけるよう、柔軟で伸びる肌を保つ必要があります。そのためには浸透力に優れた妊娠線予防クリームを使い、肌を保湿することが大切になってきます。

妊娠線予防クリームによっては、妊娠線予防に有効とされている成分が含まれていたり、血行を良くしてめぐりを良くする成分が入っているものもあります。

ただ単に保湿するのではなく、血行が悪いのが気になっていたら、めぐりを良くする成分を積極的に取り入れるなどして、ご自身にあった妊娠線予防クリームを選ぶことも必要です。

妊娠線予防を始める時期

妊娠線予防を始める時期

妊娠線予防を始める時期

妊娠線予防を始める妊婦さんは妊娠中期に差し掛かってからがほとんどです。この頃からお腹のふくらみも目立ってきて妊婦さんらしくなりますよね。

でも、本当は妊娠がわかってからでもすぐにケアを始めたいところです。柔軟性のある柔らかくて弾力のある肌は、一日や二日で作れるものではありません。

お腹がまだ大きくなる前から、強い肌を作る準備をしておいても遅くはありません。妊娠線予防はなるべく早く、そして妊娠中期や後期なったら本腰を入れてケアをしましょう。